便秘解消に役立つ3種類の麹菌のパワー

酵素力が強く便秘に効果的な白麹菌

酵素力が強く便秘に効果的な白麹菌

白麹はアスペルギルス・カワチ・キタハラと言い、黒麹菌から突然変異して生まれた菌を培養して活用することができるようになったものです。主に焼酎に使われますが、日本酒に用いる酒造もあり、発祥は九州地方と言われています。他の麹菌よりも胞子が飛んでいくことが少ないため、職人さんの作業着が汚れにくく造りやすいということから白麹が流通しはじめました。

白麹菌は酵素力が強いため、便秘に効果的とされています。酵素力の高い白麹菌を積極的に補給したいところですが、酵素は熱に弱いため、食事から摂れる量は限られてしまいます。

クエン酸の殺菌作用により腸内環境を整える黒麹菌

クエン酸の殺菌作用により腸内環境を整える黒麹菌

黒麹菌は、泡盛造りには必ず使用されておりアワモリコウジカビと言い、もともと焼酎造りは黒麹菌で行われていたと言われています。麹菌3種類の中でも、一番多くのクエン酸を生成するとされ、雑菌の繁殖を防ぐとても強い力があります。このことから、雑菌の繁殖しやすい高温多湿の気候であり、南の地域での焼酎造りにおいては、黒麹菌は欠かせないものと考えられてきました。

クエン酸は、それ自身の殺菌作用によって、腸内の有害菌を排除し、腸内の環境を正常化させると言われています。さらに、ミネラルの吸収を促進するキレート効果があります。キレート効果とは、吸収されにくい成分を吸収されやすい形にしたり、有害物質を排出されやすい形にする働きのことです。これによって、排便リズムや便の状態を正常化させます。

分解力が早く善玉菌を増やす黄麹菌

分解力が早く善玉菌を増やす黄麹菌

黄麹菌は、味噌、醤油、日本酒、みりん、酢を醸造する際に使用されます。この黄麹菌はニホンコウジカビと言います。日本古来の麹菌で、黄土色から緑色に変色するカビになります。タンパク質やでんぷんの分解力が強く、他の麹菌に比べて酵素の力が強くなっています。

黄麹菌が含まれる食品は、微生物の働きによってある程度消化されています。つまり、体内に入る前からすでに消化の下準備が整っているため、体内に入ってからの消化に必要なエネルギーや消化酵素がごく少量で済むのです。このことにより、黄麹菌を摂ることで体内の酵素を無駄遣いせず、健康な体を維持することが可能になります。麹菌を積極的に摂ることは、腸内環境を整えながら免疫力を高めて病気を予防する効果が期待できるのです。

メラニンの生成を抑えて美白効果に期待、アンチエイジングにも麹菌

メラニンの生成を抑えて美白効果に期待、アンチエイジングにも麹菌

麹菌にはその名の通り、コウジ酸が含まれておりメラニンの生成を抑えて美白効果をもたらすことが分かっています。 杜氏(お酒を作る職人さん)の手が白く、シミ一つないきめ細かな滑らかさであるという話は聞いたことがあるかもしれません。

また、最近では糖化を抑制するということも研究野成果として広まっています。タンパク質が糖と結合することによって生成されるAGEs(終末糖化産物)という物質を麹菌で抑えることで、肌がくすんで見えるのを防いでくれます。AGEsは肌以外にも、血管に集まれば心筋梗塞や脳梗塞、骨に集まれば骨粗鬆症など、多様な老化に関わるリスクや病気と密接に関係しています。そのため、麹を摂取するとアンチエイジング効果があるのではないかと注目が集まっています。