腸内フローラのカギは乳酸菌をたくさん摂ること

腸内フローラは善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスで整う

腸内フローラは善玉菌と悪玉菌、日和見菌のバランスで整う

私たちの腸内には多種多様な細菌が生息しており、その数は1,000種1,000兆個以上と言われています。特に小腸から大腸にかけて、様々な細菌が種類ごとにグループを形成してまとまっており、腸の壁面にすみついています。まるでお花畑(フローラ)のように、種類ごとに細菌が群生していることから「腸内フローラ」と呼ばれているのです。腸内細菌の種類や数は、その人の食事や生活習慣、人種、年齢などにより異なるため、腸内フローラも人それぞれ違っています。

代表的な腸内細菌は、作用によって3種類に分類されます。それが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌です。体に良い働きをする善玉菌は乳酸菌と呼ばれるフェーカリス菌やビフィズス菌などで悪玉菌が侵入することや増殖をするのを防いだり、腸の働きを促し、お腹の調子を整えてくれます。体に悪い働きをする悪玉菌は、病原性大腸菌やウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌が毒素や有害物質を作り出します。これが増えると、お腹の調子が悪くなり便秘や下痢をすることもあります。そのどちらにも属していない日和見菌は、善玉菌・悪玉菌の優勢な方に同調して作用しています。この3種類の理想的な状態とされるのは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7の割合で、このバランスで腸内環境を保つことがとても大切です。

善玉菌を増やすには色んな菌を摂取すべし

善玉菌を増やすには色んな菌を摂取すべし

善玉菌は、乳酸菌だけではありません。麹菌や納豆菌、酵母菌もあり腸内の善玉菌を増やすためには、いろいろな菌を幅広く摂取すると良いでしょう。お勧めは、味噌、醤油、みりん、納豆、漬物などを毎日の食生活に取り入れていく方法です。

味噌や醤油、みりんといいた日本伝統の調味料は「麹菌」を原料としています。栄養満点の万能調味料と言われる塩麹や、飲む点滴と言われる甘酒も麹からできる発酵食品です。麹菌は、菌の体内で作ったタンパク質を菌の体外へ分泌産生する機能が特に優れています。麹菌には30種類以上の酵素が含まれており、ビタミン類を生成する働きがあります。また、麹菌の酵素によって生み出されるオリゴ糖は、善玉菌のエサとなり腸内環境を整えてくれます。さらに、大豆を発酵させて納豆を作る納豆菌は熱に対して壊れにくく、腸内でも発酵を進めて、腸内環境を酸性化させていきます。酸性化すると、善玉菌が増殖しやすくなり悪玉菌の増殖が抑えられます。