便秘を放っておくリスクのまとめ

腹痛、胃痛、吐き気、下痢、おならなど腸疲労になる

腹痛、胃痛、吐き気、下痢、おならなど腸疲労になる

体調不良や食べ過ぎ、飲み過ぎが続くと腸に負担となって機能が低下します。このことを「腸疲労」と言います。食べ物を消化吸収する力、便を体外に排出する力を低下させたり、水分を調整する力がなくなったりします。便秘、腹痛、胃痛、下痢、くさいおならがよく出るといった状態は、腸が出している緊急サインかもしれません。

腸の中で起こっていることは目に見えないので、細心の注意と配慮が必要です。腸の働きとして、食べ物を消化したり吸収する力が低下した場合、腸内環境が乱れてしまい、悪玉菌が優位になり負の症状が出ます。また、疲労してしまった腸は一段と動きが悪くなり、便を押し出す力が低下することで便秘の原因に繋がります。下痢は、腸内の水分をうまく吸収する力が低下した結果として、便に含まれる水分量が大幅に増えてしまった状態です。仕事が忙しくて食生活が乱れていたり、気を遣う飲み会の席が続くようであれば、腸疲労が加速するのは間違いないでしょう。

ニキビ肌、カサカサ肌など美容にも悪影響

ニキビ肌、カサカサ肌など美容にも悪影響

便秘と言えば、便が出ないだけと思ったら大間違いです。本来、食べたものから栄養や水分を吸収しながら便をつくるのが腸の役割です。日々、体の外に排出する不必要な便が体内に停滞すると、腸内の腐敗したカスが増加し、腸内環境が乱れて悪玉菌のすみかになります。

その結果、腹痛や食欲低下や吐き気などの胃腸の症状だけでなく、腸内の老廃物蓄積によって肌荒れや吹き出物、カサカサ肌、むくみが出やすくなってしまいます。老廃物が長期間腸内に存在すると、アンモニアなどのガスや有害物質などの毒素が発生します。その毒素が血液を通じ、毛穴から汗や皮脂として体外へと排出されることになります。これがお肌に悪さをして、皮膚のターンオーバーをさまたげる原因となります。これにより、ニキビ肌、カサカサ肌、シミの原因、ハリツヤ不足に陥るのです。実は、腸内環境を整え便秘を改善することは、健康的な美肌をつくるために、とても大切なことなのです。

最悪がんの可能性も…

最悪がんの可能性も…

以前より注目されてきた便秘と大腸がんの関係ですが、大腸内に便が停滞する時間が長くなれば、便に含まれる毒素の中の発がん性物質と大腸の壁が接触する機会が増えるので、がんになりやすくなるのではないかという理由です。しかし、便秘といえども程度は様々で、お通じの回数とがんのリスクに関する研究がされています。

症例対照研究という調査では、便秘とがんには関連ありとの報告がいくつか出されていますが、便秘は大腸がんの症状の一つでもあるため、がん患者に便秘の方が多かったのは、すでに病気の前段階だった可能性も否定できません。大腸がんは、大腸(結腸・直腸・肛門)に発生し、腺腫という良性のポリープががん化して発生するものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。日本人ではS状結腸と直腸にがんができやすいと言われています。また、下痢便は直腸がんリスクと関連があるかもしれないと言われています。残便感は、直腸がんの一つの特徴で、便がスッキリ出ないため、便が残っているような感じがすることです。便意があるのに便が出ないというのも、直腸がんの症状として起こります。